邦画

【ブタがいた教室】あらすじやレビューなど!無料視聴する方法も紹介!

  1. HOME >
  2. 邦画 >

【ブタがいた教室】あらすじやレビューなど!無料視聴する方法も紹介!

ブタがいた教室

今回ご紹介するのは、衝撃の実話をもとにした映画です。

子どもたちとブタとの交流が可愛くってほっこりしますが、ラストどうなるのか目が離せません。

命の重さって誰が決めるんでしょうか?

 

この記事の内容

  • 「ブタがいた教室」の見どころ
  • 「ブタがいた教室」のあらすじ
  • 「ブタがいた教室」のレビュー

 

ブタがいた教室


ポイント

  • 邦画 2008年
  • 監督 前田哲
  • 出演 妻夫木聡、26人の子どもたち 他

 

「ブタがいた教室」の見どころ

ドキュメンタリーとして放映された大阪の小学校の授業を、妻夫木聡主演で映画化。飼育した豚を食すかどうかの議論を通じ、小学生たちが“命”へ真摯に向き合っていく。

 

「ブタがいた教室」のあらすじ

6年2組の担任・星は豚を飼育して食べることを提案。他のクラスや保護者を巻き込んでさまざまな問題が発生するが、2組の生徒たちは“Pちゃん”と名付けた豚を愛情込めて育てていく。しかし、Pちゃんを食べることへの反対意見が増え、熱い議論へと発展し…。

 

「ブタがいた教室」のレビュー

項目ブタがいた教室
ジャンルヒューマン
キャスト妻夫木聡、26人の子どもたち 他
総合評価

6年2組担任の星先生は、4月、教室に可愛い子ブタを連れてきます。

子どもたちは大喜び!!

ところが星先生、驚きのひとこと、「ブタを飼って、最後は食べたいと思います。」

 

卒業までの1年間で、ブタを育てて最後はその命をいただくという事で、命のありがたさを学んでほしいというのが星先生の考えでした。

食べる約束で飼い始めた子どもたちですが、ブタはとっても可愛くって、愛情が芽生え始めます。

卒業式を待たずして、9月には、もう食べられないと訴え出す子どもたち…。

 

星先生は卒業までに、何度も何度も、食べる・食べないの話し合いをみんなで行います。

最後は一体、どうなるんでしょうか?

妻夫木聡さんが星先生を熱演された、実話の映画化です。

 

星先生も、子どもたちもとてもみずみずしい演技で好感が持てます。

食べる・食べないの大激論では、子どもたち用の台本には、結果も台詞も、すべて白紙で渡されたそうです。

映画なのに、実際に子どもたちが考え、悩み苦しんだなかからの大激論になります。

 

私はこの映画、すごく好きです。

すべての小学生に観せてもいいんじゃないかと思います。

ふだん何気なく食べている食べものについて、よく考える機会だと思います。

 

まとめ

「ブタがいた教室」は、実話をもとにしたおはなしです。

豚肉だけじゃなく、牛・鶏肉、魚、野菜や果物だって、その命を私たちはいただいています。

子どもたちは卒業式までに一体どんな結論を出すのか、みんなで一緒に考えてみませんか?

 

「ブタがいた教室」は、 U-NEXT で無料視聴可能です。

簡単な登録で、31日間無料トライアルを利用出来ます。

ぜひチェックしてみて下さいね~!

 

U-NEXTはコチラ

 

映画をたくさん観るならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXT無料トライアルの特典

  • 見放題作品が31日間無料で視聴可能
    最新作はレンタル配信(個別課金)となります。
  •  600円分のポイントがプレゼント
    最新作の視聴、最新コミックの購入に使用可能
  •  70誌以上の雑誌が読み放題

本ページの情報は2020年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

関連記事
蜜蜂と遠雷
【蜜蜂と遠雷】あらすじやレビューなど!無料視聴する方法も紹介!

続きを見る

関連記事
リップヴァンウィンクルの花嫁
【リップヴァンウィンクルの花嫁】あらすじや考察など!無料視聴する方法も紹介!

続きを見る

関連記事
U-NEXT
【VOD】映画を観るならU-NEXTがおすすめ!特典や魅力を徹底解説!

続きを見る

 

\この記事はどうでしたか?/

-邦画
-

© 2020 シネマッコ