邦画

【ラストレター】感極まってエンドロールでずっと泣く

  1. HOME >
  2. 邦画 >

【ラストレター】感極まってエンドロールでずっと泣く

ラストレター

「ラストレター」を鑑賞しました。

あらすじ、キャスト、レビューなどを報告します。

今後、「ラストレター」を観ようと思っている人は参考にしてみて下さいね~!

 

この記事の内容

  • 「ラストレター」のあらすじ
  • 「ラストレター」の見どころ
  • 「ラストレター」のレビュー

 

ラストレター


ポイント

  • 2020年 邦画
  • 監督 岩井俊二
  • 出演 松たか子、広瀬すず、福山雅治、神木隆之介 他

 

「ラストレター」のあらすじ

裕里(松たか子)の姉の未咲が、亡くなった。裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美(広瀬すず)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。未咲の死を知らせるために行った同窓会で、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう裕里。そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎(福山雅治)と再会することに。
勘違いから始まった、裕里と鏡史郎の不思議な文通。裕里は、未咲のふりをして、手紙を書き続ける。その内のひとつの手紙が鮎美に届いてしまったことで、鮎美は鏡史郎(回想・神木隆之介)と未咲(回想・広瀬すず)、そして裕里(回想・森七菜)の学生時代の淡い初恋の思い出を辿りだす。
ひょんなことから彼らを繋いだ手紙は、未咲の死の真相、そして過去と現在、心に蓋をしてきたそれぞれの初恋の想いを、時を超えて動かしていく―――

 

「ラストレター」の見どころ

手紙の行き違いをきっかけに始まったふたつの世代の男女の恋愛、それぞれの心の再生と成長が丁寧に描かれている。『Love Letter』を感じさせる世界観にも注目。

 

「ラストレター」のレビュー

項目ラストレター
ジャンルラブストーリー
内容手紙がポイントになる作品
キャスト松たか子、広瀬すず、福山雅治、神木隆之介 他
総合評価

「ラストレター」の予告だけを観て想像していたのは、福山雅治が松たか子にずっと恋をしている話だったんです。

しかし、予想は見事に裏切られました・・・。

こういう裏切り大歓迎なんですけどね。想像してた話とはまったくの別物でした。

 

観終わったあとに、感極まってエンドロールでずっと泣いてました。

このラストレターを観る前に、岩井俊二監督の作品が好きな友人から、90年代に岩井俊二監督が撮った「ラブレター」という作品を観ておいたほうがいいよと言われました。

ラブレターは中山美穂さん出演で当時とてもヒットした作品です。

 

この「ラブレター」のアンサー作品が、「ラストレター」だったのです。

「ラストレター」の感想はすっごい良かったです。ただの恋愛、青春映画じゃない。

切ないけどあったかくて、悲しいけどちょっとおもしろい。岩井俊二監督ならではの切り口で描く作品です。

 

そして、「ラストレター」同様、「ラブレター」も手紙がポイントになる作品です。

「ラブレター」もとてもおもしろかったですよ。

「ラストレター」を観る前に、チェックしておくことをオススメします。

 

まとめ

「ラストレター」は、とても面白かったです。

かなり泣ける作品ですので、泣きたい人にはおすすめです。

「ラストレター」を観る前に、「ラブレター」を観ておくと良いですよ~。

 

「ラストレター」は、 U-NEXT で初期ポイントを使って無料視聴可能です。

U-NEXTは、簡単な登録で31日間無料トライアルを利用出来ます。

ぜひチェックしてみて下さいね~!

 

U-NEXTはコチラ

 

映画をたくさん観るならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXT無料トライアルの特典

  • 見放題作品が31日間無料で視聴可能
    最新作はレンタル配信(個別課金)となります。
  •  600円分のポイントがプレゼント
    最新作の視聴、最新コミックの購入に使用可能
  •  70誌以上の雑誌が読み放題

本ページの情報は2020年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

関連記事
パラサイト 半地下の家族
【パラサイト 半地下の家族】先入観を持たずに気楽に観てほしい作品

続きを見る

関連記事
君は月夜に光り輝く
【君は月夜に光り輝く】及川光博の演技が圧巻!

続きを見る

関連記事
U-NEXT
【VOD】映画を観るならU-NEXTがおすすめ!特典や魅力を徹底解説!

続きを見る

 

\この記事はどうでしたか?/

-邦画
-

© 2020 シネマッコ