邦画

【十二人の死にたい子どもたち】謎解き要素が多いエンターテイメント作品

  1. HOME >
  2. 邦画 >

【十二人の死にたい子どもたち】謎解き要素が多いエンターテイメント作品

十二人の死にたい子どもたち

「十二人の死にたい子どもたち」を鑑賞したのでレビューします。

謎解き要素が多いエンターテイメント作品でした。

今後、「十二人の死にたい子どもたち」を観ようと思っている人は参考にしてみて下さいね~!

 

この記事の内容

  • 「十二人の死にたい子どもたち」の見どころ
  • 「十二人の死にたい子どもたち」のあらすじ
  • 「十二人の死にたい子どもたち」のレビュー

 

十二人の死にたい子どもたち

ポイント

  • 邦画 2019年
  • 監督 堤幸彦
  • 脚本 倉持祐
  • 出演 杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、橋本環奈 他
  • 原作は沖方丁『十二人の死にたい子どもたち』文春文庫刊

 

「十二人の死にたい子どもたち」の見どころ

冲方丁の直木賞候補作を、斬新な映像表現を操る堤幸彦監督が映画化。杉咲花、新田真剣佑、北村匠海ら若手俳優の演技力を活かした演出が緊張感のある作品を生み出している。

 

「十二人の死にたい子どもたち」のあらすじ

12人の未成年たちが安楽死を求めて廃病院の密室に集まった。ところが、彼らはそこで13人目のまだ生温かい死体に遭遇する。この12人の中に殺人鬼がいるかもしれないという疑心暗鬼のなか、死体の謎と犯人を探るうちに12人の死にたい理由が明らかになっていく。

 

「十二人の死にたい子どもたち」のレビュー

項目十二人の死にたい子どもたち
ジャンルサスペンス
内容自殺志願者たちの物語
キャスト若手を中心とした俳優陣
総合評価

「十二人の死にたい子どもたち」は、密室系サスペンスです。

杉咲花、北村匠海、橋本環奈、新田真剣佑といった今をときめく俳優陣が出ているのが魅力です。

一見するとつまらなさそうですが、そんな予想を裏切ってくれました。

 

なんといっても杉咲花ちゃんの演技がいい。

ラストは花ちゃんの迫力ある演技に惚れました。

自殺志願者たちの物語ですが、決して怖くはないストーリーでした。

 

まとめ

「十二人の死にたい子どもたち」は、今をときめく俳優陣が出ているのが魅力です。

ジャンルはサスペンスで、題名から想像してしまうような怖いストーリーではありません。

謎解き要素がたくさんあって、エンターテイメントとして楽しめる作品です。

 

映画をたくさん観るならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXT無料トライアルの特典

  • 見放題作品が31日間無料で視聴可能
    最新作はレンタル配信(個別課金)となります。
  •  600円分のポイントがプレゼント
    最新作の視聴、最新コミックの購入に使用可能
  •  70誌以上の雑誌が読み放題

本ページの情報は2020年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

関連記事
君は月夜に光り輝く
【君は月夜に光り輝く】及川光博の演技が圧巻!

続きを見る

関連記事
ターミネーター:ニューフェイト
【ターミネーター:ニューフェイト】やはりジェームズ・キャメロンは偉大だった!

続きを見る

関連記事
U-NEXT
【VOD】映画を観るならU-NEXTがおすすめ!特典や魅力を徹底解説!

続きを見る

 

\この記事はどうでしたか?/

-邦画
-

© 2020 シネマッコ